MENU

2016/01/17 13:13:17 |
プロミスとは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の行うカードローンサービスの名称です。三井住友フィナンシャルグループの子会社ですし、プロミスという名前はコマーシャルの影響などで消費者に浸透している信頼できるカードローンの会社です。カードローンとは、自動車ローンなどと違って、用途を限定せずにお金を借りられるフリーローンのことです。担保も必要ありません。数々の消費者金融の会社のなかで、プロミスはきめ細かなサービスを提供しています。電話でも、インターネットでも無人店舗でも審査を受けることができます。個人ごとに定められた限度額は1万円から500万円の範囲内で定められて、限度額以内なら借りたり返...
2016/01/17 13:13:17 |
複数の借入を一つにまとめてしまえるのがおまとめローンですが、必ずしもまとめられるとは限りません。まとめ先に受け入れられないことには意味が無いので、今の自分の状況を振り返ってみましょう。特に、自身の借入件数は要注意です。借入件数次第で審査結果も、申し込むべきカードローン会社も変わってくるので、必ず確認しましょう。例えば、借入件数がさほど多くない時には、銀行系のおまとめローンがオススメです。低金利、安定性のあるカードローンなので、最も安心できるおまとめローンと言えるでしょう。では、借入件数が少ないとは、具体的にどの程度の数を指すのでしょうか。借入件数が3件程度までなら、審査に通る可能性も十分にある...
2016/01/17 13:13:17 |
オリックス銀行カードローンにも遅延損害金が作られており、支払いが遅れるようなら当然のように適応されることとなります。キャッシングの会社は20%で固定されているのですが、オリックス銀行では現在の利率に対して2.1%のプラスとなります。これはオリックス銀行が幅広い金利を適応しているためで、一概に20%というわけではありません。一番高い数字で19.9%となり、これは実質20%と変わりません。ただ低い金利に対してこの数字が適応された場合は、20%よりも大幅に低くなります。そのため多少遅延したくらいであればいいですが、大量に借りていると2%も増えた金利は非常に厳しい状態を生み出してしまい、返済が更に困難...
2016/01/17 13:13:17 |
カードローンの審査に通りづらいという人がいます。基本的には収入面においてのチェックがメインですが、その収入面のチェックというのは具体的にどういうところを見られているのでしょうか?例えば、申込者が勤めている会社について審査において重要になることがあります。例えば、勤続年数は非常に重要です。勤続年数が短ければ短いほど、一般的にはカードローンの審査は通りづらいとされています。絶対に通らないわけではないですけど、その可能性が高まるということです。特にまだ入社して間もない新入社員や転職直後の人などはそれが原因になってしまい、審査に通りづらいということも稀ではないのです。ある会社出勤務している期間が短いと...
2016/01/17 13:13:17 |
消費者金融のプロミスは、テレビのCMや広告で頻繁に目にする機会が多いはずですが、実際のサービスは未だに不明瞭だという人が少なくありません。さて、プロミスはカードローンのフリーローンです。フリーローンとは利用用途が限定されていないことを指します。つまり自動車ローンや教育ローンといったように指定されているローンではなく、娯楽や生活費やその他諸々自由に使って良いことがフリーローンです。ですから利用用途をプロミス側に尋ねられることは絶対にありませんので、安心してください。とはいえ誰でも借入できるわけではありません。無職、専業主婦、生活保護者に該当する人は借入できません。一方、正社員ではなくても、契約社...