MENU

審査で重要な勤続年数

カードローンの審査に通りづらいという人がいます。基本的には収入面においてのチェックがメインですが、その収入面のチェックというのは具体的にどういうところを見られているのでしょうか?例えば、申込者が勤めている会社について審査において重要になることがあります。例えば、勤続年数は非常に重要です。

 

勤続年数が短ければ短いほど、一般的にはカードローンの審査は通りづらいとされています。絶対に通らないわけではないですけど、その可能性が高まるということです。特にまだ入社して間もない新入社員や転職直後の人などはそれが原因になってしまい、審査に通りづらいということも稀ではないのです。

 

ある会社出勤務している期間が短いと、カードローンの会社としては、そのうち辞めるかもしれない可能性をどうしても考えてしまい、収入が滞ってしまって返済ができなくなる可能性があります。

 

それが一番招いてはいけない事態なので、勤続年数が短い人というのは、貸すリスクが高いと考えられてしまう傾向にあります。そうなると、最低でも、1~2年は勤めていないと、多くの会社で断られてしまう可能性もあります。

 

勤続年数については時間が経てば、審査に通りやすくなっていきますから、最初はそれが原因で借りることが出来なくても、いずれはその問題は解消されることになりますから、ご安心ください。

 

銀行のカードローンの中には勤続年数が問われる条件を設けていますが、メガバンクで借りるみずほ銀行の即日融資ローンでは年数は問われないので、不安な方でも安心です。